FC2ブログ

さみしいってなんだろう、つづき。

以前、さみしいってなんだろう、という記事を書いたんですが、
それに意外に拍手を押していただいてちょっと驚いています。ありがとうございます。
「さみしい」が良くわからないのは私だけではなかったんでしょうか。

で、先日恋愛感情有の友人に、同じような事を訊いてみたんですが、
その子も「将来一人になったら友達と遊べばいいし、別にそのために婚活はしない」と言っていました。
やっぱり「ひとり」を楽しめる人間は「ひとり」が怖くないのかもしれないなぁ。
そこにセクシャリティとか関係ないんですね、やっぱり。

上記とは別の友人が、「さみしい」は何か大事なものを失ったあと、その時の幸せな記憶と
今とのギャップを感じて切なくなったり辛くなる感情だ、と言ってました。(勝手に要約引用ごめんね!)
なるほど、それはわかる気がするなぁ。確かにそこまで大事なものを今のところ私は失ってないな。

ただ、私の場合出会った時から失うのを前提で付き合いはじめるところがあって、
「今私と楽しい時間を共有してくれる」という事実があればそれでいいやと思ってるというか。
だから失うことを恐れたりはしないし、大事なものを作るのも怖くない。
ただ、アセクのせいか私の個人の資質のせいか、失うのを恐れるほどの人が
出来ないっていう、もうそれ以前の問題がね。笑。
ちなみに母親はもちろん大事だけれど、わりと明日親が事故にあって死ぬかもしれないとか、
今日私が事故にあうかもしれないとか結構頻繁に思ってて、失う事の怖さより、
生きているうちに出来るだけ一緒に楽しい事をしないとっていう気持ちの方が強い。
月に2、3回、今日が今生の別れになるかもしれないって家を出るときに思う。
だから、今日が今生の別れになっても後悔しないようにやることやんなきゃ!みたいな。

だから、よく親が亡くなった後「もっと~してあげれば」みたいに言う方がいるけれど、
このあたりの前提がそもそも私と他の人では違うのかな。
いつまでもあると思うな親と金って言葉があるけど、親が死ぬって頭ではわかってても
実感が無い人が結構いるのかな。永遠を信じてるっていうか。
私の場合、いつでも親が死ぬ覚悟が出来てるっていうか(そう考えるとそれも酷いな……)
なんというか誰とでも出会った時から終わりしか見てない。
日々、どれだけ終わりが来るのを引き延ばすかに心血を注いでいるっていうか。
だから好きな人には出来るだけ親切にしようと思うし、惰性で付き合うなんてしない。

あと、大事な人はなかなか出来ないけど、幸せを心から願っている人はいるんです。
三次元にも二次元にも(笑)。
どこが違うかって言うと、大事な人は「私が」大事にしたい人で、
幸せを願っている人は「私は関わらなくても」幸せになってほしいんです。
もちろん幸せを願っている人が私が関わることで幸せになるなら、
そりゃあもう喜んで出来る限りのことをしますけども。

あら、さみしい、からちょっと論点がずれちゃいましたね。
とりあえず「多分一生独身だろう」と言っている友人が今のところ数人いるんで、
その人たちの何人かは老後にも遊んでくれると思う。
さみしい、を実感する日がいつか来るか来ないかわかりませんが、
とりあえず来た時の為に出来るだけ友人を増やしておこう!
友人が増えると、「楽しい」が増えますからね~☆
私、リアルでは誰にでも話しかけちゃうけど、ネットでは超引っ込み思案(笑)なので、
ブログを書いて発信するしかできませんけど、それでもやれることはやってると思うんだ!

ちなみに、ネットで引っ込み思案なのは相手の表情が見えないからです。
同じ理由で電話も苦手。非言語的コミュニケーションが出来ない場は苦手なんです。
だから蜘蛛の巣のように待ちの一手。
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
旅行と本と漫画とアートが好きな一般人。基本インドア。友達はいないとさみしいけれどひとりの時間もないと生きられない。最近友人の話に「結婚」の文字が増えて自分の老後が心配になった迷える子羊。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード