FC2ブログ

愛おしむとか慈しむとか

明けましておめでとうございます。
年が明けて 1週間たちましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

私はというと、ぶっ倒れてからこっち体を休めている間にすっかり勉強習慣が
抜けてしまいまして、日課だった朝活でさえやめてしまったダメ人間です。
我ながら危険な兆候だと思いまして、連休明けからは気合いを入れようと誓いました。
……口だけかもしれませんが。涙。少なくとも今は頑張る気持ち。

以下、突然のどうでもいい話題が続き、その後アセク関係です。

そんな自堕落な生活を送っている間に昔の趣味が顔を出しまして、
しばらく二次創作の世界を覗いてました。
今は卒業して久しいんですが、実はかれこれ10年ほど前、一時期二次創作って
やつをやっている時期がありました。いわゆる個人サイトを作ってました。
イベント等に足を運ぶ勇気もお金もなかったのでWEB限定でしたけれど。
まぁ、簡単に言えば腐女子ってやつなんですが(何のカミングアウトなの!?)、
ただ「若干行きすぎちゃった友情」か「両片思い」か「→」にしか興味が無いので
胸を張って腐女子と言えるかは謎ですが(言う必要があるのかも謎ですが・笑)。

で、長い前置きでしたが、一年に一度くらい唐突に二次創作読みたい熱が
出るんですよ。それが、ちょうどこの年末から正月の休みに来ていました。
おそらく書いている方がそれなりの年齢だと思われる二次創作小説を
いくつか読んでいたんですが、(長く文章を書いていると、文字数と最初の数行で
だいたい文章を書くのに慣れている方の作品かそうでないかわかりますので……)
私の好みが前出した通りなので、読む小説の内容が恋愛というより
愛おしむとか慈しむとかそういうものが多くて、
なんだか人を愛するっていいなって改めて思ったりしました。
(特に今回読んでいた二次創作のもとになった原作が背景にそういう複雑な感情が
強く出る作品なので余計に)
や、もちろん小説ですから美しく見えるように書かれているのは
当たり前なんですけれど……。

で、ですね。感化されすぎなんですけど、私って何を愛してるんだろうと思って。
この世に何人か、自分が多少の犠牲を払ってもいいから幸せになってほしいと
思ってる人がいますが、これは 愛ってやつなのかなとぼんやり。
それから、小学校低学年のころから年に数回成長を見守っている他人の子供がいますが、
その子が成長していく過程を見るたびになんだかよくわからない満足感があります。
もし彼が困ることがあったら助けてあげたいし、喜ぶこともしてあげたい。
これが慈しむってことかなぁと。
いまだに恋愛感情はさっぱりわかりませんが、
世の中のみんなは恋愛感情ののちにこの感覚を手にするのかな?
以前は、恋愛至上主義みたいな世の中になんとなく反発していましたが、
(というか諦念が正しい。私は皆と違うから理解されなくても仕方ないって思ってた)
最近は私がアセクだと知っているのに「誰か一緒にいる人を見つけなさい」と
言って来る母親の気持ちや、
まだ好きな人に出会ってないだけだよ(なんてこの歳になるとめったに言われませんが)、
と言ってくる人の気持ちがちょっとだけ分るようになった気がするこの頃です。
あとさ、私が「結婚なんてしたい人がすればいいんです、子供もいりません」と言うと
何も言わないけど、ちょっとだけ悲しい顔をする子有既婚者(中年)がいるんだよね。
以前は「なんてお節介なんだろう」と思っていたのになぁ。
私も少しは成長したんでしょうか??だったら嬉しいな。
優しくなりたい、って思います。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます。
正月は時間の流れがゆったりしているので、もう一週間経ったのか、と驚きました笑
体が資本と言いますし、これからはお忙しいことと思いますので、
お休みの間はどうぞ存分にご自愛ください!

「行きすぎちゃった友情」と「(両)片思い」、すごくよくわかります!
私も腐女子が入っていて、二次創作なんかをたまに読むのですが、
気がついたらそういう作品ばかり見ています。
なんというか、キャラクター同士の関係が好きというのもあるのですが、
家族愛とか師弟愛も同じベクトルで好きなので、ひろさんの仰る
「愛おしんだり慈しんだりする感情」を見るのが好きなのかな、とも思います笑

あ、あと、文体から作者の方のバックグラウンドを予想する、
というのにも、思わず頷いてしまいました笑

私は他人に対する感情のハードルが低いので、恋も愛も、わかるとこはわかる、
わからないとこはわからない、といった感じだったのですが、今回の記事を拝見して、
恋愛至上主義の裏にも愛や慈しみのように普遍的な(?)気持ちがあるのかもしれないなと、
はっとさせられました。「他人を思いやる」という点では何も変わらないのだなあ、と。
恋愛における生理的な感情は、その関係の中の、ほんの一部なのかもしれませんね。

そういった違いにとらわれず、本質的な優しさを持てるように、私もなりたいです。
とりあえずいまだに論語を読んでいます笑

おめでとうございます。

益子さん、どうぞ今年もよろしくお願い致します。

朝活、とりあえず早起きすることは成功しました。現在朝六時。笑。
やりたい事全部やるためにはどうしても早くしなきゃって思っちゃうんですが、焦っても体調崩すだけだと気付いたので出来るだけのんびり頑張ります。


益子さんも腐(りかけている)女子なんですね!笑。わーい、同じような好みで嬉しいな!私は両片思いの心理描写が大好きです。
なんというか、上手な方の作品を読むと、ああ、これが恋愛の胸の痛みってやつなんだろうか、みたいな胸がぎゅっとする感じが疑似体験出来るときがあるんですよね。
まぁ、そこまで素敵な作品にはこの歳になるとなかなか巡り合えないですけれど。漫画も小説も結構読んでいる方なのでやっぱりどれを読んでも既視感がぬぐえなくなってきちゃって。苦笑。
子供がアニメに嵌れるのは他を知らないからですよね、多分。(と、話が逸れました)。
家族愛や師弟愛も良いですね!思いやるって素敵だなって思える作品が好きです。

>恋愛における生理的な感情は、その関係の中の、ほんの一部
以前の私は、生理的欲求が沸くから恋愛感情なんでしょ、と思っていたのですが、最近は「それを含めての全体的な感情」であるのかな、と分ってきた(かもしれない)です。

それではいつもコメントありがとうございます。
益子さんのコメントはこちらも色々気付くことがあって楽しいです。私は論語読んだことが無いのですが、ちょっと気になって来ちゃいました。笑。
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
旅行と本と漫画とアートが好きな一般人。基本インドア。友達はいないとさみしいけれどひとりの時間もないと生きられない。最近友人の話に「結婚」の文字が増えて自分の老後が心配になった迷える子羊。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード